• HOME > 
  • 創業エピソード

Story

ニュー・クイック 創業エピソード

 

ニュー・クイック創業のきっかけ

安全で安心できるお肉を食卓に提供したいという想いから、1973年横浜市戸塚にたった4坪のお店からスタートしました。
創業当時からお肉の専門店として、安全で安心なだけでなく、確かな品質と美味しさも徹底的に追求しております。

その1つが、ニュー・クイックの指定牧場から商品を仕入れて、お客様の手元まで直接新鮮な状態でお届けできる産地直送という仕組みです。
ニュー・クイック創業以来40年以上に渡ってこの産地直送にこだわってきたため、ニュー・クイックが架け橋となり、生産者の想いが込められた安心・安全で美味しいお肉をお客様の食卓に届けてこれたと自負しております。

代表取締役社長 清水 富士雄

ニュー・クイックが大切にしているもの

社名にも込められているように、ニュー(新鮮で美味しいお肉を)クイック(いち早くお客様の手元に届くように)こだわっておりますが、売場も非常に大切にしております。

ニュー・クイックは小さなお肉の専門店からスタートしており、当時から常に目の前のお客様と向き合ってきました。
「お客様が本当に必要なものは何なのか」ということを常に考え、今でも地域にあったお店づくりを心がけております。
FUJI GARDENなどはお客様の声から誕生したお店です。

また、お客様に笑顔になって頂くためには、従業員が情熱、やりがいを持って仕事ができることが大切だと考えており、そのための改革を常に行っています。

店舗

ニュー・クイックが目指すもの

最近では海外にて私どもの衛生管理・品質管理の方法をお伝えすることで、食文化向上を目指すことにも取り組んでおり、現地中国では大変好評をいただいております。

このように、これまでニュー・クイックが長年こだわってきた、食のプロフェッショナルとして、安全・安心で美味しい商品を提供することはもちろんのこと、常に新しい挑戦も行っていきたいと考えております。

そして、従業員の幸せを大切にしながら、「医食同源」とも言いますが「食」に携わる者として安心、安全をモットーに、全従業員が笑顔で社会に貢献できる企業を目指しています。

PAGETOP